スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水素オレンジ

R_DSC_0002.jpg
はっ!!

続きを読む

スポンサーサイト

ブスは違憲

可愛いは正義である。


しかし、そもそも「正義」とは、各人の立場や価値観によって大きく変わるものだ。「正義の反対は、また別の正義」という格言は、このことをよく表していると思う。圧倒的多数の人間にとって「可愛いは正義」であるが、一方には「ブスが正義」だとするB専も存在するのだ。

さて。僕は「可愛い」「ブス」という言葉を使った。ところが、驚くべきことに、この2つの言葉に完璧な定義は存在しない。国や地域、時代、世代などによって、美醜の価値観は変化する。さらに、個々人の趣向なども考慮に入れれば、誰が可愛くて誰がブスであるかを正確に定義するのは不可能であり、無意味だ。

だが、現に僕らは、「あの子可愛いよなwwwぐへへwwwww」といった話をする。
僕らは、何を根拠にそんな会話を繰り広げてるのか?

この問題に正面から取り組んだのが、「コモンセンス」の著者であるトマス・ペインである。

コモンセンスとは、一般的に「常識」と訳されるが、より正確に英語の意味をとらえて日本語に直すと、「共通の認識」や「共通の感覚」のような意味合いになる。僕たちがこの共通の認識を持っているからこそ、民主主義は成り立つのであり、民主主義においては多数派の認識が正当とされる。

つまり、民主的に考えると、ある集団の中の各人がそれぞれ考えた「美のイデア」の最大公約数的要素に当てはまる子は全員、その集団の中において「可愛い」と定義されるのである。

実際に調査した訳ではないので本当のところは解らないが、僕は、秋葉原のオタク集団と渋谷のギャル男集団とでは、理想とする女性像が異なるのではないかと思う。もちろん、巣鴨のジジイと高円寺のバンドマンの理想も異なると思う。

だが、大きく見ていくと、秋葉のオタクも渋谷のギャル男も巣鴨のジジイも高円寺のバンドマンも、それぞれの集団の理想にはある程度共通した部分があるのではないか。例えば、「おっぱいは大きい方がいい」とか。

そこで、ここではひとまず、「おっぱいは大きい方がいい」というのを、日本男児の平均的な「いい女」のイデアだと仮定する。これで、「いい女」とは何か「ブス」とは何か、ということが、おぼろげながらも定義できた。いい女は当然可愛いだろう。つまり正義である。

また、女の子は可愛いのが仕事である。逆に言えば、ブスな女の子は無職、それどころか職務放棄の怠慢を犯しているといえる。


日本国憲法第27条第1項には勤労の権利と並んで、勤労の義務が規定されている。
女の子に生まれたことで、可愛い権利を有しているのにも関わらず、それを行使するどころか、放棄するのは何故か、残念ながらブスの側から納得いく説明は得られそうにない。

ブスの存在は、紛れも無く違憲である。


国民に勤労の義務を課していながら、ブスな女の子の存在を黙認してる矛盾。
戦力の不保持を唱いながら、自衛隊という明らかな戦力を保持している矛盾。

憲法をきちんと読めば、すぐさま現状との矛盾に気づくはずなのだが、この国の国民は真剣に議論をしようとしない。僕としては、ブスを美女に矯正するのも粛正するのもあまり現実的ではないし、僕自身もニートだし、憲法27条は改正すべきだと思うのだけど、皆さんはどう考えるだろうか。
プロフィール

水素

Author:水素
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツイッター
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。